すまいるわんトップ
すまいるわんトップ
会員登録
ログイン
ログアウト
すまいるわんってなに?
よくある質問
サイトマップ
うちのコ日記帳
フリートーク掲示板
おめでとう掲示板
連載コラム
わんちゃんと家族の手作りレシピ
わんこ愛情物語
アロマテラピー講座
動物病院リスト
わんちゃんリンク集
おでかけ情報
おしらせ
ショップ出店のご案内
広告出稿のご案内
会社案内
わん‘sモール
わん‘sモールってなに?
ショップ検索
最新グッズ特集
プレゼント&試供品
おたずね掲示板
すまいるわんの雑誌
ファッションアドバイス
「犬にも洋服が必要なの?」といっていたのはひと昔前のはなし。今やわんちゃんの洋服といえば、色、デザイン、アイテムが豊富で、飼い主さんが羨むほどにファッション性も高い。また、オシャレ着としてだけでなく、洋服を着用することの効用も理解されるようになってきた。

 室内で飼っている場合、快適な室温に慣らされているので、寒い日に外出するときは、防寒着が必要になってくるし、夏はアスファルトの照り返しから身体を守る役割も果たしている。雨が降っているときの散歩には、レインコートは欠かせない。また、車でおでかけするときに、シートへの抜け毛付着の防止策として一枚着せてしまうというアイディアある。
写真
 もちろんイヤがるのを無理矢理に着せることは、良くないことだし、どうしても着用を拒否し続けるワンちゃんだっているだろう。その場合は、少しずつ慣らしたり、様子を見ることが大切。
 せっかく着るのなら、人間のファッションと同様にワンちゃんの個性を活かし、着用目的に合わせたデザイン、機能、色を選びたいものである。ドッグウェアブランドとして人気が高いD・O・Gの店長、佐々木さんにお話を伺ってみた。
Q ワンちゃんって洋服を着るのってイヤがらないの?
A ほとんどのワンちゃんは、子供の頃から着せていると洋服に慣れてくるので、イヤがらずに着てくれるようになります。ただし、まだ体がしっかりしていない時期には、ゴワゴワした固めの素材や縮性のない素材は、避けた方が無難です。
 最初は、デザイン性が少ない、Tシャツや袖無しのタンクトップがよいでしょう。頭からかぶるタイプの方が着る側のワンちゃんにとっても、着せる側の飼い主さんにも簡単です。
写真Q 購入するときには、どこの寸法が必要?
A 首の付け根から尻尾の付け根までの「着丈」と前足の付け根部分で計る「胴回り」、そして「体重」です。
Q どうやって着せればいいの?
A 時間をかけてしまうと洋服を着ることが嫌いになってしまうことがあるので、手早く着せてしまいましょう。もし多少暴れるようだったら、抱っこして着せてみたり、ワンちゃんの気を紛らわせながらやるとよいでしょう。
 袖に手を通す場合は、関節を伸ばした状態で入れようとすると痛がるので、関節から折りたたんで袖に通すようにします。特に手足の長い、イタリアン・グレーハウンドやミニチュア・ピンシャーなどの場合は注意が必要です。
 また、開きがファスナータイプの洋服では、毛をかんでしまわないように内側に手をあてて開閉してやると安全です。

写真写真写真写真写真
Q レインコートってどんなものがいいの?
A レインコートは、第1に防水性が重要ですが、縮性のないアイテムですので着せやすいものがよいでしょう。ただし、素材が固くてガサガサと音がうるさいものは、その音がイヤで歩かなくなる場合もあります。その場合は、袖なしタイプのものを選ぶとよいです。また、雨降りのときだけでなく、雨上がり後の散歩に、水たまりなどのはね返り防止としても活用できます。
 オススメは、セットアップタイプのレインコート。パンツ部分にサスペンダー機能を持たせたゴムテープが付いているので、胴長の子でも自在に調整でき、またジャケットのみを防寒着としても活用できます。ジャケットの袖口とパンツの裾口には、ゴムの長さを調整できるパーツが付いているので、袖丈やパンツ丈が長すぎるときには、短めにたくしあげることもできます。
写真 写真
写真 写真
Q 毛色や犬種にあう洋服を選びたいんだけど?写真
A 一般的には、ベージュ系やホワイト系の薄い色のワンちゃんは、どんな色でもコーディネイトしやすく、パステルからビビットまで着こなせます。濃いめの毛色のワンちゃんは、暗い色だと目立たなくてってしまうので、黄色や赤などの明るくハッキリした色が似合うでしょう。写真
 また、デザイン的には犬種ごとのイメージがあり、たとえばシーズーだったらかわいい系、フレンチブルドッグには、スポーティー系でマッチョなタンクトップなどが似合うかもしれません。ただし、男の子か女の子かにもよるし、写真性格によっても、活発な子には女の子でもカジュアルなタイプの方がしっくりくる場合もあります。
 そのため、この犬種にはこのデザインとは一概には言えませんが、ショップスタッフに聞いてみたり、試着させたりしていろいろなアイテムに挑戦してみるのがよいでしょう。
(C)BUNSHODO Printing Co.,Ltd. All Rights Reserved.